So-net無料ブログ作成
検索選択

キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)

 キャバクラやクラブのホステスの源泉徴収税額算出をめぐり、報酬から差し引く必要経費を考慮した基礎控除額は、実際に出勤した日数分か、出勤日以外も含めた報酬計算期間の全日数分かが争われた訴訟の上告審判決が2日、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)であった。同小法廷は全日数分を控除できるとの初判断を示し、「実際の出勤日数分しか控除できない」と主張した国税当局勝訴の1、2審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。

 原告はキャバレークラブやパブの経営者ら。所得税法などで、経営者はホステスの所得税を源泉徴収して国に納める義務があり、その際、報酬から「報酬の計算期間の日数に5千円を掛けた額」を控除し、税額を算定すると規定されている。

 同小法廷は「報酬の計算期間の日数」について、「期間の初日から末日までの連続性を持った概念」と厳格に解釈。国税側の主張を退けた。

【関連記事】
キャバ嬢500人がラオスの子供たちを助ける!
キャバクラが不況で“熟女パブ”に
キャバ嬢労組が発足 セクハラなどの相談受付へ
人気現役女優を揃えた高級クラブで役員交代の裏事情
百花繚乱!? 現役AV女優キャバクラ大盛況のワケ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
皇太子さま、ガーナで派遣邦人の慰霊碑に献花(読売新聞)
<宮城・自殺偽装>5容疑者、1億円以上の保険金山分け(毎日新聞)
直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。